シミの原因と種類は?

そもそもシミの原因はなに?

シミの原因と種類

シミとは、お肌の細胞の中に、メラニンという色素が蓄積され、色素沈着して見える部分のこと。

 

メラニン色素が分泌される原因には、紫外線や摩擦、ホルモンバランスの乱れなどがあり、私たちの日常生活の中に無数に存在しています。

 

その中でも、やはりシミの原因の代表といえば、紫外線ですよね。

 

お肌が紫外線を浴びと、お肌の中にある、メラニン色素を作り出す「メラノサイト」が活性化。過剰にメラニン色素を作り出し、お肌が黒くなる「日焼け」状態になります。

 

通常は、日焼けをしても、お肌の生まれ変わり機能であるターンオーバーによって、メラニン色素は排出されるため、シミにはならず、時間が経つにつれ、お肌の色は元に戻ります。

 

しかし、長年紫外線を浴びすぎたり、加齢やストレスなどでターンオーバーの周期が乱れたりすると、メラニン色素はどんどん蓄積され、シミとなってしまうのです。


シミの種類と特徴は?

あなたは、シミにいくつの種類があることはご存知でしょうか?

 

一言にシミといっても、原因や症状によって、大きく4種類に分けられます。

 

@ 日光黒子(にっこうこくし)

 

シミの種類 日光黒子(にっこうこくし)
特徴 シミの代表で、多くのシミがこのタイプ。

別名、日光性黒子や老人性色素班とも呼ばれ、淡褐色から濃褐色のシミで、顔だけではなく、手の甲や背中、腕などにもできる。中年層になると発生しやすく、主な原因は紫外線といわれている。

 

日光黒子(にっこうこくし)

出典:http://higashikurume-odayaka.com/internal/

原因 紫外線
要注意な人 ・屋外にいる時間が長い

・紫外線対策をさぼりがち

 

A 雀卵斑(じゃくらんはん)

 

シミの種類 雀卵斑(じゃくらんはん)
特徴 一般的には、「そばかす」と呼ばれるシミ。

直径数ミリ以下の小さな茶褐色の斑点で、頬や鼻の周りに多く見られる。3歳ころから現れ始め、思春期に特に多い。原因としては遺伝が考えられる。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

出典:http://higashikurume-odayaka.com/internal/

原因 遺伝
要注意な人 ・両親にそばかすがある

・幼いころからシミが着jになる

 

 

B 炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

 

シミの種類 炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
特徴 ニキビや火傷、虫刺されなどによって、お肌に炎症が起きた後にできる褐色のシミ。

加齢や性別などは関係なくでき、時間がたつと徐々に薄くなる場合がほとんど。

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

出典:http://higashikurume-odayaka.com/internal/

原因 ニキビ・火傷・肌荒れなどの炎症
要注意な人 ・ニキビなどの肌荒れが起きやすい

・炎症を放置しがち

 

 

C 肝斑(かんぱん)

 

シミの種類 肝斑(かんぱん)
特徴 薄い褐色の比較的大きなシミで、目の周りを避けて、両頬に左右対称にできるのが特徴。

妊娠や避妊薬などによって発生することが確認されているので、女性ホルモンが関係しているといわれている。よって、年齢を重ねホルモンバランスが安定すると、症状が改善されやすい。

 

肝斑(かんぱん)

出典:http://higashikurume-odayaka.com/internal/

原因 女性ホルモンバランス
要注意な人 ・妊娠・出産の経験がある

・30〜40代の女性